トップページ >自己紹介> 日本語教師KEN、バックパッカー時代②決心

日本語教師KEN、バックパッカー時代②決心

日本教師KEN、クライマーとして挫折した後、再びバックパッカーとなりました。行先は東南アジア。


なんでアジアだったかというと、その前のカナダ・アメリカ旅行でつくづく、「自分はアジア人だ」と実感したから。


僕がこの旅で滞在した下界(?)の町は、カナダのバンクーバーとアメリカのサンフランシスコ。どちらにもチャイナタウンがあるんですが、ここに足を踏み入れた時感じた“安息感”が、その原因です。


で、2度目のバックパッカー旅行では、前回の旅でベトナムが一番気に入っていたので、ちょっと集中的にベトナムを攻めてみようかと(笑)。それでベトナムの最北端から最南端まで、ゆっくりバスで南下しながら旅しました。


そしてこの旅の途中で「日本語教師」という仕事と、今の家内に出会ってしまうわけなんですが、まあ家内のことはおいときます(笑)。


で、日本語教師なれそめ。


ベトナム中部のある街で、日本語を勉強しているというベトナム人に誘われ、ベトナム人日本語教師が一人で開いている日本語教室へ行きました。


結局その日本語教室で簡単な日本語教師のお手伝いをすることになったのが、僕が日本語教師という仕事にふれた最初でした。


それまで日本語を教えるなんて経験はもちろんなかったですから、ちゃんと教えられる訳はありません。教えるのはベトナム人日本語教師の仕事で、僕は発音を直すとか、会話の相手をするとか、本当に簡単なお手伝い。


日本教師資格も何もない「なんちゃって日本語教師」でしたが(爆)、結局これが本格的に日本語教師をめざそう、日本語教師になろうと思ったきっかけでした。


この旅行では、他にもタイとラオスもじっくり回ったんですが、「ベトナムで日本語教師」という目標がはっきりと決まったのが、この2度目のバックパッカー旅行の時。


日本語教師の資格を取るには学校へ通わなければならないようだ(ホントはそれだけではありませんが)→日本へ帰っても宿なし無一文→じゃあ、新聞奨学生しかないだろう。


あっさりと道筋を立てて、長いバックパッカー旅行を終え帰国しました。






日本語教師おもしろそう、と思ったらこちらをクリックお願い致します。Xin cam on nhieu!
人気blogランキング
同じくベトナム・ブログ。
ブログランキング…39位「ヴェトナムの田舎で暮らす」

日本語教師のどんなことが知りたいですか。
記事リクエストをお願いします。

Posted by accvietnam : 01:03 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL:

comments

コメントを投稿