トップページ >日本語教師の資格のとり方> アルク「日本語教師NAFL通信講座」

アルク「日本語教師NAFL通信講座」

日本語教師になるための、もっとも歴史がある通信講座が、アルク社の主催する「日本語教師NAFL通信講座」です。


日本語教師養成講座に通わないと日本語教師にはなれない? とお思いですか。


いえいえ、そんなことはありません。


日本語教師になる方法として420時間の養成講座をあげましたが、地理的や時間的な条件で通えない人もいると思います。


しかし、かよえないとあきらめては、一生日本語教師にはなれません。


私はベトナムで、学校長兼教師をしています。つまり、経営者としての視点と、一教師としての2つの視点を併せ持っているわけです。


採用の条件としてあげるのは、なによりもやる気・情熱。知識や技術はあとからでもついてきます。

で、やる気・情熱はいくらでもあるのに時間がないあなた


あなたの強い味方が、語学教育で有名なアルク社が主催する通信講座アルク NAFL通信講座です。


通信講座のメリット


1.自分の時間に合わせて、自宅で学習できる。


仕事の関係で決まった時間を通学に当てられない方には最適です。


2.日本語教育能力検定試験対策に有効です。

実技関係では養成講座にかないませんが、能力試験対策は自分でもできます。

アルク日本語教師通信講座は、日本語教育能力検定試験に合格に照準が「ピタリ」と合っています。


3.養成講座よりずっと安い!

420時間以上の養成講座に通うと40万~60万円のお金が飛んで行きます。日本語教師に興味はあるけど、本気でやるかどうかは決められない…。

そんな方に最適です。


ただし。


通信講座は、意志の弱い人には向いていません


だれにも強制されずにコツコツと勉強を続けていくのは、正直とてもしんどいです。


そして、検定に合格しなければ通信講座の修了証はただの紙切れ。

通信講座修了証+検定合格証でワンセットの資格(実際に資格とされるものはありませんが)と考えてください。


我こそは、と思う方(笑)。

最も歴史があり内容が充実している日本語教師の通信講座です。

NAFL 日本語教師養成プログラムの中身を見る


「教え方」に特化した講座もあります。検定試験を受けるまでは考えていないけど、実際に日本語を教えてみたい方、ボランティアプログラムに参加される方などに最適です。

日本語の教え方 短期実践講座の中身を見る







日本語教師のどんなことが知りたいですか。
記事リクエストをお願いします。

Posted by accvietnam : 00:34 | Comments (5) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL:

comments

アルクの日本語教師養成プログラムを修了した者です。

検定試験対策には、とてもよかったと思います。私は地方在住で養成講座に通えなかったので受講したのですが、検定試験にはこのプログラムを確実にこなしていくだけで合格できました。

ただ、就職の資格としては「NAFLの通信講座を修了しました」、というのは弱すぎる、が就職活動のとき実感したことです。

(今は研修生の受け入れ機関で日本語を教えています)

この講座修了+検定合格、が最低条件ですね。検定に受かってなかったら、通信講座は資格とは全く認められません。

私のように地方在住で日本語教師になりたい方、たくさんいると思います。あきらめずにがんばってください。

  • satoo
  • 2006年12月19日 01:37

私は恥ずかしながら、挫折してしまった組です…。

通信講座は、相当意志が強くないと続けるのは難しいですね。

意志の弱い私は、結局本棚のかざりになってしまいました…。

  • みほりん
  • 2006年12月19日 01:38

アルクの日本語教師養成プログラム、はっきりいってすごいボリュームです…。初めて教材が送られてきたときは、正直ビビりました(笑)。

これを半年でこなすのは、よっぽど意志が強くないと無理でしょうねぇ。

私は1年で何とか終わらせました。修了できたのは、Mixiのコミュ二ティで知り合った人たちと励ましあえたから。

モチベーション維持に、ミクシーすごくいいと思いますよ。独学している人にはオススメです。

  • Taro
  • 2006年12月19日 01:38

検定試験、受けてきました。NAFLの講座を1年かけてじっくり勉強していたので、本番でもけっこう自信を持って臨めました。手ごたえもアリ。養成講座に通えない人には、本気でお勧めします。

  • Yoko Ono
  • 2006年12月19日 01:39

注)上記コメントは、前ブログ記事へのコメントのコピペです。

  • KEN
  • 2006年12月19日 01:43

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)