トップページ >日本語教師の資格のとり方> 日本語教師養成講座の選び方:検定試験対策講座

日本語教師養成講座の選び方:検定試験対策講座

検定試験対策講座


その名の通り、10月に行われる「日本語教育能力検定試験」対策の講座です。通常は短期間(20~30時間程度)で試験の攻略ポイントを学びます。


短期の講座ですから、すでにある程度の学習を済ませていることが、参加の前提条件になってきます。


検定試験対策講座のメリット

検定試験に関する最新の情報が得られることです。


また、講師は検定試験対策のエキスパートですから、受験テクニックや合格の秘訣など、ほかでは聞けない話が聞けます。


検定に向けた、中身の濃い授業が受けられます。


検定試験対策講座のデメリット

前述のように、すでに検定に向けた学習がかなり進んでいることが前提である点でしょう。


合格ボーダーライン程度の知識が既にない場合、検定対策講座を受けても全く意味がありません。


検定試験対策講座を開講している学校例

大抵の学校で開校しています。また通信講座のアルクでもセミナーや模擬試験が行われます。






日本語教師のどんなことが知りたいですか。
記事リクエストをお願いします。

Posted by accvietnam : 12:28 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL:

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)