トップページ >海外で日本語教師> イギリスの日本語教師事情

イギリスの日本語教師事情


イギリスでの日本語教師の雇用状況ですが、日本語教師(含むイギリス人日本語教師)の総数に対して日本人日本語教師が占める割合は、中等教育では4割程度、高等教育では8割程度だそうです。成人教育においては非常にネイティブ(日本人)教師が多く、9割ともいわれています。


しかし日本語教師としてイギリスで生計を立てていくのは、かなり難しそうです。


中等教育では日本語のみを教える常勤のポストは全体の3%にも満たないそうです。日本人教師の場合はそのほとんどが非常勤のポストとか。高等教育になると、約5割が常勤のポストに就いているそうですが、成人教育となると、ほとんどが非常勤になります。


ここでは、イギリスで日本語教師をされているLilywhite。さんのブログを紹介します。なんとイギリス滞在8年になるそうで。とても楽しいブログですよ。
日本語教師 イギリス奮闘日記♪






日本語教師のどんなことが知りたいですか。
記事リクエストをお願いします。

Posted by accvietnam : 20:49 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL:

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)