トップページ >海外で日本語教師> 台湾の日本語教師事情

台湾の日本語教師事情


台湾日本語教師。ご存知のように、台湾は非常に親日的な国として知られています。


日本語は、台湾では英語に次いで学習者の多い外国語です。最も学習者が多いのは、高等教育機関で約75,200人。最近では外国語教育政策と若者の「日本ブーム」の影響を受け、中等教育機関での日本語教育も約36,600人と盛んになってきています。また、街の塾などの学校教育以外の機関での学習者も約16,802人と数多くいます。


しかし、ご多分に漏れず台湾でも、日本語教師不足、優良教材の不足、教授法の情報不足が問題となっているそうです。


高等教育機関では、より実用的な日本語能力の習得を目的とする、応用日本語学科の新設が多くなっているとのことです。


台湾の日本語教師ブログで、こちらをご紹介します。2005年から台湾で日本語教師をしている、ねこいたさんのブログです。台湾生活の様子がよく伝わってきます。

かっぱ天国 台湾編 From 2005







日本語教師のどんなことが知りたいですか。
記事リクエストをお願いします。

Posted by accvietnam : 01:12 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL:

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)