トップページ > 2007年04月

日本語学校と研修生と大学…

日本語教師KENです。いや、ちょっと久しぶりの日記です(笑)。


突然ですが、表題のタイトルを見て、何のことかわかりますか?


日本語教師として日本語を教える場合(主にアジア圏の国の場合です)、勤め先は「日本語学校か、研修生のトレーニングセンター、または大学」になるでしょう、というお話です。


私、日本語教師KENはこの全て(日本語学校の学生、研修生、大学生)に日本語を教えた経験がありますが、この3者、結構違いが顕著です。

まずやっていて一番楽しいのは、やはり本業でもある日本語学校。基本的にやる気のある人がお金を払って来ているので、雰囲気がいいです。日本語がうまくなりたい、という向上心に燃えている人を相手にするので、何より教えていて楽しい。


反面、お金を払っている分、教師への評価はシビアです。ちょっと下手な授業を続けると、すぐに辞められてしまう、と…。ですから、新人さんにはちょっとつらい職場でもあります。


大学も「基本的には」やる気のある人がそろっているのはずなのですが、実際のところは、それほどでもありません。まあもともと、それなりに頭がいい人が集まっているので、教えるのは楽ではあります。


しかし、やはり学生達のモチベーションが足りない(笑)。学生時代を振り返って身に覚えもあることですが、「単位をとるため」だけに来る学生も多く、そういう人を相手にするのは正直大いに疲れます。お願いだからもう来ないで、ってぐらい(笑)。


そして最後に研修生ですが、研修生は基本的に学歴が低い人が多いです。もちろん全部が全部そうではありませんが、とにかく外国語に対する勘が鈍い人が多い、すごく多いです(笑)。


日本語教師KENが経験した範囲では、最初の授業でローマ字にて “Ohayou gozaimasu " って板書しても、うまいこと読めない人が10人に一人ぐらい(爆)。その他もまあ9割がた、これとどんぐりの背比べです。


真面目な人が多いのは(真面目ぐあいでは大学生より上かも)救いですが、いかんせん教えるのにすごく疲れます。


日本国内の日本語学校はどうなのか、僕には経験が無いのでわかりません(どなたかコメントください)。


が、海外(アジア圏)での日本語教師の仕事状況は、だいたいこんな感じなのではないでしょうか。






日本語教師KENへの応援クリックお願い致します。Xin cam on nhieu!
人気blogランキング

日本語教師のどんなことが知りたいですか。
記事リクエストをお願いします。

Posted by accvietnam : 17:38 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

ベトナムの大学で日本語教師募集中

ベトナムの大学で日本語教師、どうですか。


現在ホーチミン市では、大学は超日本人不足。かくいう私も頼まれて大学で教えていますが、正直やめたいのです。本業の日本語学校だけでも十分すぎるほど忙しいので・・・。


しかし現在私が講師を頼まれているHung Vuong 大学では、これまで中心的に教えていた日本人が帰国。同じく講師を頼まれている外国語情報大学でも、日本人教師が帰国、で泣きつかれ、私は大いに困っています(爆)。


かような状況なので、ベトナムの大学で講師として日本語を教えることに興味のある方を募集します。募集って言っても、大学の代理で募集するだけで、私が募集するわけじゃありませんが(笑)。


詳細は以下に。


大学名:Hung Vuong 大学&ホーチミン市外国語情報大学(HUFLIT大学)

講師料:1コマ(45分)8ドル、多分1大学につき6コマぐらい担当。

応募資格:大卒、420時間修了

期間:1年~

宿舎、ビザの提供はなし、完全に非常勤講師の立場です。


で、話はここから。


紹介だけなら、紹介料よこせなんてケチくさいことはいいません。だって私は右から左へ流すだけですから(爆)。


私の学校へ来ていただき、アポとって大学の担当者につなぎます。ただし、ホントに紹介だけ。私は事前の相談もアフターケアも、何もしません。ですので、住居を自分で見つけられて、海外生活に自信のある方は、こちらで応募ください。


でも海外日本語教師生活に不安がある方、住むところの確保やビザの延長手続きが自分でできない方、教材が心配(大学は一切用意してくれません)、教え方に自信が無い、等などの方は、私・日本語教師KENがサポートします。しかし残念ながらタダじゃありません(笑)。


まず私、日本語教師KENが提供するサービス内容は、①住居の確保、②空港までの出迎え、③入国後のビザ延長手続き、④緊急時のサポート(病気になっちゃった時や、物を盗まれて警察に行くときなんかの通訳、親元への連絡)、⑤我が日本語学校の施設(図書室は文庫本500冊以上、漫画本100冊以上、ADSLインターネット、Skype 使用可)無料無制限利用、⑥絵カードなど各種教材の貸与、⑥授業サポート(教え方の相談、日本語教師KENのしょ~もないプロフェッショナルな授業の見学)、⑦ベトナム語レッスンの割引参加。その他希望があれば、応相談。


以上を1年間つけて、五万円とさせていただきます。無論いらないサービスがあればその分お安くもしますので、その節はご相談を。


ということで、ホーチミン市の大学で日本語講師をしたい方、私にご連絡ください。


acchcm&hcm.vnn.vn

(スパムメール対策のため、& を@に変えてください)


それでは。


Posted by accvietnam : 01:14 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲