トップページ >日本語教師・学校長日記> 納期・のうき・ノウキ…

納期・のうき・ノウキ…



「納期」。


我ら日本人にとっては「鉄の掟」と呼んでもいいぐらい、仕事をする以上、何をさしおいても守るべき大切なものではないでしょうか…。


しかしローカルのベトナムピープルには、基本的に「納期」という概念はありません。あっても非常~に希薄。よく言えばおおらか、悪く言えばズボラ。ある日系企業とローカルピープルの間で板ばさみになり、苦悩している日本語教師KENであります…。



ある日系企業の依頼で提出しなければならなくなった、とある印刷物。よく名刺の印刷を頼んでいる業者に連絡し、作成を依頼しました。この日は水曜日。


「ようでがす。金曜の朝には出来上がりでさ、旦那。」


おお、自ら出来上がり日を指定してくるあたり、なかなか感心な兄ちゃんだ。「うむ、たのんだぞよ。」と送り出す日本語教師KEN。


そして金曜日の朝。彼は来ない。午後になっても来ない…。電話してみると、一言。


「雨だから明日。」


「お前もか!」と一瞬顔が引きつる僕。しかしここはベトナム、郷に入っては郷に従わなければなりません。「むむう、仕方ないのう。ではあした、間違いなく頼んだぞよ。」


で、土曜日の午後(笑)。痺れを切らし電話をかけると、また一言…。


「昨日の雨で濡れちゃって印刷しなおしているから、明日(日曜)の朝持っていく。」


顔に青筋が浮かぶのを感じつつ、「そうであるか。では今度こそ頼むぞよ。日曜日も学校は空けておるでな。」と念を押し押し、電話を切る僕。


日曜日。彼はやはり来ず。電話、不通…。


そして月曜日。持ってきました、今度こそ。


金曜午前納期の品物が、届いたのは月曜の朝。日本であればまず間違いなく、二度と取引はないでしょう。しかしここはベトナムローカルの世界。こんなことは日常茶飯事、当たり前。彼に限らず、一事が万事・皆が皆、この調子なのです…。


そしてこの印刷屋の兄ちゃんの話には、さらに続きがあり…。


いや、もう頭痛くなってきたのでここでやめます(笑)。






日本語教師KENへの応援クリックお願い致します。Xin cam on nhieu!
人気blogランキング

日本語教師のどんなことが知りたいですか。
記事リクエストはお気軽に。

Posted by accvietnam : 11:38 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL:

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)