設計ミスです!


日本語教師KEN、パソコンフォントに足元をすくわれたました(笑)。


とある学生からの意見(文句?)。


Office に標準装備されているWord (ワード)をデフォルトのフォント設定で使うとMS明朝体ですが、これを他のフォントに変えると…。


たとえばExcel (エクセル)のデフォルト・フォントのMSPゴシック体。これで「ソ」と「ン」を打つと、案外区別しにくいですよね。「ソ」と「ン」、他にも「ツ」と「シ」…、う~む、言われて見れば確かにそうだ。


というような意見(文句?)をベトナム人学生から言われました。いや、僕にそんな文句言ってもらっても困るんスけど…。


で、2つの線の高さが違うだとか横棒の角度が違うだとかの説明を、背中に冷たい汗をかきかき説明。いちおうは納得した、ようですが…。


「ソ」と「ン」、「ツ」と「シ」、おまけに「ク」と「ワ」…。


日本語を母語とする我ら日本人には、文脈とかからも容易に判断がつきます。しかしまだ文脈を追うほどの日本語力がない学習者にとって、丸っこいフォントの文字の形は


許しがたい設計ミス”(ベトナム人学生談)


らしいです。


まあ確かに、日本語の文字、ひらがな・カタカナ・漢字って形が似ているものが結構ありますよね。「れ」と「ね」、「ほ」と「は」、「ナ」と「メ」、「休」・「体」…。日本人でも時々読み間違えたりしますし。初めて日本語を学習するベトナム人(まあ、ベトナム人じゃなくても同じでしょうが)にとって、案外この字の判別は大きい問題のようです。


いや~、説明つかれました。


Posted by accvietnam : 23:41 | Page Top ▲